2011年05月01日

その方法

 自由形式のコンテンツを用いれば出来ます。
 「コンテンツ(モバイル)」で「自由形式のコンテンツ」を追加します。
 追加したコンテンツの「自由入力欄」につぎのような内容を記述します。

 <form method="get" action="http://search.yahoo.co.jp/search">
  <hr/>
  Yahoo Search<br/>
  <input type="text" name="p" size="20"><br/>
  <input type="hidden" name="vs" value="http://yf-blog-lab-1.seesaa.net/pages/user/m/">
  <input type="hidden" name="fr" value="ysin">
  <input type="hidden" name="ei" value="Shift_JIS">
  <input type="submit" value="検索">
 </form>

 説明のため番号を付け、説明いたします。
 <form method="get" action="http://search.yahoo.co.jp/search">
  <hr/>
  Yahoo Search<br/>
  <input type="text" name="p" size="20"><br/>
  <input type="hidden" name="vs" value="<1>http://yf-blog-lab-1.seesaa.net/pages/user/m/">
  <input type="hidden" name="fr" value="ysin">
  <input type="hidden" name="ei" value="<2>Shift_JIS">
  <input type="submit" value="検索">
 </form>
<1> 検索させたいSeesaaブログのURLを書いてください。
 Yahooの説明<http://custom.search.yahoo.co.jp/statics/>の「●●●」に相当します。
<2> サイトやブログで使用されている文字コードを指定してくださいとのことですが、Seesaaブログの場合は「Shift_JIS」でよいのではないかと思 います。
 Yahooの説明の「▲▲▲」に相当します。
※ソフトバンクは「UTF-8」で上手くいくと報告を受けました。
http://takimari.seesaa.net/article/198810699.html>
 このブログのコンテンツも、「UTF-8」に変更しました。
 他のキャリアではどうなのでしょう?

【携帯からでも検索できるようにするの最新記事】
posted by わいずふぁくとりい at 18:32 | Comment(1) | TrackBack(1) | 携帯からでも検索できるようにする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯からでも検索できるようにする

 Seesaaブログを携帯から観たときも、記事を検索できるようにしたい<*1>ということで、やってみました。
<*1>http://takimari.seesaa.net/article/197483663.html

 私は携帯(電話)からネットにつながないので、未知の世界なのですが、SeesaaブログのURLの後ろに「pages/user/m/」を付けるとパソコンからでも、携帯ページが観られるということで、やってみました。
 パソコンで観ている分には、上手くいっているようですが、本当の携帯からみるとどうなのでしょうか・・。
 携帯からアクセスの方、おかしければ教えてください。
 パソコンの方は、「http://yf-blog-lab-1.seesaa.net/pages/user/m/」を観てください。

 ブログなどに、Yohooの検索を貼るやり方は、「http://custom.search.yahoo.co.jp/statics/」で説明されています。
 私はそれを携帯用(?)に、余計なスタイルなどをそぎ落としただけです。
posted by わいずふぁくとりい at 18:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | 携帯からでも検索できるようにする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ナビゲーションを上に出す

 記事の上に独自のコンテンツをおいたおかげで、ナビゲーションが少し下へ出るようになってしまった。
 以前に予告をして放っておいたが、記事の上に独自のコンテンツを置いても、ナビゲーションが、ちゃんと上に出るようにしてみた。

navigation-article-content.jpg

@本当の記事(緑色の楕円)の、コン テンツHTMLから下記の黄色部分を削除する。

A記事欄の一番上に、新たにナビゲー ション用の記事コンテンツを置く(赤色の楕円)。
 そのコンテンツHTMLに先ほど削 除したのと同じ内容を書く。

((ナビゲーション用の記事コンテンツHTMLの全内容はつぎのとおり))
<% content.header -%>
<!-- Content -->

<% if:page_name eq 'index' -%>
<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi">
<% if:pager.previous_page %>
<a href="<% blog.page_url(pager.previous_page) | html %>">&lt;&lt;前の<% blog.index_page_cnt %>件</a><% else %>-<% /if %>&nbsp;
<% loop:list_pager %><% if:pager.show_previous_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% if:pager.show_page(pager_number,5) %> <% if:current_page ne pager_number %><a href="<% blog.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></a><% /if %><% /if %><% if:pager.show_next_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% /loop %>
&nbsp;<% if:pager.next_page %><a href="<% blog.page_url(pager.next_page) %>">次の<% blog.index_page_cnt %>件&gt;&gt;</a><% else %>-<% /if %>
</div>
<% /if -%>
<% /if -%>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="navi">
<% if:previous_article -%><a href="<% previous_article.page_url %>">&lt;&lt;</a> <a href="<% previous_article.page_url %>"><% previous_article.subject | tag_break %></a> | <% /if -%>
<a href="<% blog.page_url %>">TOP</a>
<% if:next_article -%> | <a href="<% next_article.page_url %>"><% next_article.subject | tag_break %></a> <a href="<% next_article.page_url %>">&gt;&gt;</a><% /if -%>
</div>
<% /if -%>
<% if:page_name eq 'archive' -%>
<div class="navi">
<% if:archive_page_name eq 'month' -%>
<% if:previous_archive -%><a href="<% previous_archive.page_url %>">&lt;&lt;</a> <a href="<% previous_archive.page_url %>"><% previous_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a> | <% /if -%><a href="<% blog.page_url %>">TOP</a><% if:next_archive -%> | <a href="<% next_archive.page_url %>"><% next_archive.createstamp | date_format("%Y年%m月") %></a> <a href="<% next_archive.page_url %>">&gt;&gt;</a><% /if %>
<% /if %>
<% if:archive_page_name eq 'mday' %><% /if -%>
</div>

<% if:archive_page_name eq 'month' -%>
<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi">
<% if:pager.previous_page %><a href="<% archive.page_url(pager.previous_page) %>">&lt;&lt;</a><% else %>-<% /if %><% loop:list_pager %><% if:pager.show_previous_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% if:pager.show_page(pager_number,5) %> <% if:current_page ne pager_number %><a href="<% archive.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></a><% /if %><% /if %><% if:pager.show_next_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% /loop %> <% if:pager.next_page %><a href="<% archive.page_url(pager.next_page) %>">&gt;&gt;</a><% else %>-<% /if %>
</div>
<% /if -%>
<% /if -%>

<% /if -%>
<% if:page_name eq 'category' -%>
<div class="navi">
<a href="<% blog.page_url %>">TOP</a> / <% category.name %>
</div>
<% if:pager.need_pager -%>
<div class="navi">
<% if:pager.previous_page %><a href="<% category.page_url(pager.previous_page) %>">&lt;&lt;</a><% else %>-<% /if %><% loop:list_pager %><% if:pager.show_previous_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% if:pager.show_page(pager_number,5) %> <% if:current_page ne pager_number %><a href="<% category.page_url(pager_number)%>"><% /if %><% pager_number %><% if:current_page ne pager_number %></a><% /if %><% /if %><% if:pager.show_next_group(pager_number,5) %>..<% /if %><% /loop %> <% if:pager.next_page %><a href="<% category.page_url(pager.next_page) %>">&gt;&gt;</a><% else %>-<% /if %>
</div>
<% /if -%>
<% /if -%>

<!-- /Content -->
<% content.footer -%>

posted by わいずふぁくとりい at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ毎に違う簡単な説明を載せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続きを読むを折りたたむ

 「<<続きを読む>>」を押すと、その場で「続き」が表示されたり、閉じたりできるようにする方法を紹介します。
 (Seesaaの元々の動作は、「続きを読む」を押すと、単独の別ページが開きます)

 Seesaaブログ「Style book」の、下記の記事を参考に、私なりのアレンジを加えています。
http://temp-css.seesaa.net/article/4412302.html

<<方法>>
 [デザイン]−[コンテンツ]−[記事]−[コンテンツHTML編集]とたどっていき、「コンテンツHTML」を編集します。

@最初の方の「<!- - Content -->」(最初から3行目)の後ろに、つぎのように追加します。

((元々のコンテン ツHTMLの、冒頭は、こんな感じです。))
<% content.header -%>
<!-- Content -->
<% if:page_name eq 'index' -%>
<% if:pager.need_pager -%>

((そこにつぎのよ うに、黄色部分を 追加します。))
<% content.header -%>
<!-- Content -->

<!-- ここからが追加部分@ -->
<script type="text/javascript">
    function dd(id){
        bodyId = 'body' + id;
        moreId = 'more' + id;
        if(document.all){
            bodyObj = document.all(bodyId).style;
            moreObj = document.all(moreId).style;
        }else if(document.getElementById){
            bodyObj = document.getElementById(bodyId).style;
            moreObj = document.getElementById(moreId).style;
        }
        if(bodyObj){
            bodyObj.display=='none'?
            bodyObj.display='' : bodyObj.display='none';
        }
        if(moreObj){
            moreObj.display=='none'?
            moreObj.display='' : moreObj.display='none';
        }
    }
</script>
<!-- 追加部分@終わり -->

<% if:page_name eq 'index' -%>
<% if:pager.need_pager -%>


A「<% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %>」というのを検索して、見つけ、それをつぎの内容に書き換えます。

((元々のコンテン ツHTMLの、「<% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %>」の前後は、こんな感じです。))
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %>
<% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %>
<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %>
<a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a>
 <% /loop %></div><% /if %>

((そこにつぎのよ うに、オレンジ 色部分を削除し、黄色部分を 追加します。))
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %>

<!-- この部分を削除します
<--% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %> -->

<!-- ここからが追加部分@ -->
<div class="text" id="body<% article.id %>" style="display:block">
    <% article.body | bodyfilter(article_info,blog) %>
    <% if:article.body_more %>
        <div class="more-href">
            <a href="javascript:void(0)" onclick="dd('<% article.id %>')">
                <<<% article.body_continue_text %>>>
            </a>
        </div>
        <noscript>
            <div class="more-href">
                <a href="<% article.page_url %>">
                    <% article.body_continue_text %>
                </a>
            </div>
        </noscript>
    <% /if -%>
</div>
<div class="text" id="more<% article.id %>" style="display:none">
    <% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>
    <div class="more-href">
        <a href="javascript:void(0)" onclick="dd('<% article.id %>')">
            <<続きを閉じる>>
        </a>
    </div>
</div>
<!-- 追加部分A終わり -->

<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %>
<a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a>
 <% /loop %></div><% /if %>

 「続き」が開いているときには「<<続きを読む>>」は表示されなくなり、「続き」の内容の後ろに「<<続きを閉じる>>」が表示される仕様になってい ます。
 この方法だと、記事の下に広告を出していても、広告はひとつしか出てきません。
(「Style book」さんの方法だと、本文と、続きの両方の下に、2回広告が出てしまいます)
 同じところを押して、閉じたり開いたり出来ませんが、このあたりが妥協点でしょうか・・
posted by わいずふぁくとりい at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続きを読むを折りたたむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

予告:ナビゲートの下に出せるか

 このままだと、ナビゲート(「TOP / カテゴリ毎に違う簡単な説明を載せる」というヤツ)の上に、コンテンツの説明が出てしまって、少しカッコ悪い。
 出来れば、ナビゲートは一番上に出て欲しい。
 それには、コンテンツHTMLを、少し大幅に変更すれば出来ると思うが、また機会があれば、やってみたいと思う。
posted by わいずふぁくとりい at 22:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ毎に違う簡単な説明を載せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大胆にも記事コンテンツを使う

 折角、自由形式のコンテンツを置きましたが、自由形式のコンテンツでは、やはりカテゴリごとに違う説明を出すということが難しいようです。
 もう少し、小難しいことを言うと、<% category.name %>という変数が、どうも自由形式のコンテンツHTMLでは、使わせてもらえないようです。

 私の調べたところによると、記事(ページコンテンツ)なら、<% category.name %>が使えるようです。
 なので、大胆にも記事コンテンツを使ってしまいましょう。
 記事コンテンツをいくつ置いても大丈夫。そのあたりの自由度の高いところは(他のブログをよく知りませんが)Seesaaの素晴らしいところです。

 気を取り直して、記事(ページコンテンツ)を追加します。
 説明を入れたいカテゴリーの数だけ、記事コンテンツを追加することになると思います。
 [デザイン]−[コンテンツ]
    category-4.jpeg

 「挿入テキスト(上部)」を使います。そこにカテゴリの説明を書きます。
 「タイトル」には、どのカテゴリを説明しているのかが、分かり安い名前を付けておくのがいいでしょう。
    category-5.jpeg

 「メイン」の「記事」のすぐ上に配置します。
 表示するページは、「カテ」だけにチェックをし、その他のチェックを外します。
    category-6.jpeg

 コンテンツHTMLを、もとあったのは全部消して、つぎのように全面的に書き換えます。
 赤字の部分 に、表示させたいカテゴリの名称を書きます。
 コンテンツHTMLは、「記事(ページコンテンツ)」設定画面で、コンテンツHTML編集をクリックすると出来ます。
 追加した、カテゴリの説明を書く「記事(ページコンテンツ)」のコンテンツHTMLを編集します。
 本当の記事の、コンテンツHTMLを編集すると、大変なことになりますので注意しましょう。
<% if:category.name eq 'カ テゴリ毎に違う簡単な説明を載せる' %>
<div class="text">
<% content.header -%>
</div>
<% /if %>
posted by わいずふぁくとりい at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ毎に違う簡単な説明を載せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

記事の上に自由形式のコンテンツを置く

 カテゴリページだけに、そのカテゴリの簡単な説明を置きたい。
 もちろん、そのカテゴリごとに違う説明が出ないと困る・・ということを目指したいと思います。

 まずは、記事が表示される上部に、自由形式のコンテンツを置き、それをカテゴリページだけに表示させるようにします。
 それから、それをカテゴリごとに違う内容になるようにしたいのですが、これがちょっと骨が折れるかもしれません(まだ分かりません)・・。

 自由形式のコンテンツを追加します。
 [デザイン]−[コンテンツ]
    category-1.jpeg

 「メイン」の「記事」のすぐ上に配置します。
 表示するページは、「カテ」だけにチェックをし、その他のチェックを外します。
    category-3.jpeg

 このままでは、字が大きすぎて不細工だと思う場合は、つぎのようにすると、記事と同じ文字に出来ます。
 以前の例にならって、コンテンツHTMLを編集します。
 [デザイン]−[コンテンツ]−[自由形式の設定]から「コンテンツHTML編集」をクリックします。
    category-2.jpeg

 編集前の、元々のコンテンツHTMLはつぎのような内容です。
<% content.header -%>
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

 これに青字の 部分を追加します。
<div class="text">
<% content.header -%>
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
</div>
posted by わいずふぁくとりい at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ毎に違う簡単な説明を載せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

テスト1

((本文始まり))
続きの部分が、出てきたり、折りたたんだり出来ないかテスト中。
((本文終わり))
posted by わいずふぁくとりい at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続きを読むを折りたたむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

タイトルのある自由形式

 自由形式のコンテンツでも、タイトルを持つことが出来ます。

 [デザイン]−[コンテンツ]から、希望するコンテンツの[自由形式]の設定へ行き、さらにそこから[コンテンツHTML編集]へ行き、編集します。

 [自由形式]の[コンテンツHTML]は最初つぎのようになっています。

<% content.header -%>
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

 これをつぎのように編集します。赤文字部 分が追加されています。

<div class="sidetitle"><% content.title -%></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
</div>

posted by わいずふぁくとりい at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

さて困ったブログタイトルが長すぎて収まらない

 ・・何とか収まった。ブログタイトルの、最初の方の文字を小さくする作戦に出た・・。

 [デザイン]−[コンテンツ]−[ブログ名]の設定へ行き、小さく表示させたい部分と、普通に表示したい部分に分けます。
 しかし、[デザイン]−[コンテンツ]−[ブログ名]の設定へ行っても、[タイトル]には「ブログ名」と設定されているだけで、表示されているブログタ イトルと異なります。
 実はデフォルトでは、[設定]−[ブログ設定]の[ブログタイトル]に設定した内容が、ブログタイトルに表示されているようです。
 それならば、[ブログ名]の[コンテンツHTML]を編集して、[ブログ名]の[タイトル]に設定した内容が、表示されるように変えます。
 さらに、[ブログ名]の[挿入テキスト(上部)]に設定した内容が、ブログタイトルの同じ行に、小さな文字で表示されるようにします。

 [ブログ名]の[コンテンツHTML]は最初つぎのようになっています。

<% content.header -%>
<h1><a href="<% blog.page_url %>" accesskey="1">
<% blog.title %></a></h1>
<% content.footer -%>

 これをつぎのように編集します。[コンテンツHTML]は 、[ブログ名]の設定で、[コンテンツHTML編集]をクリックすると編集できます。

<h1><a href="<% blog.page_url %>" accesskey="1">
<small><small><% content.header %></small></small
><% content.title %>
</a></h1>
<% content.footer -%>

 そして、[ブログ名]の設定へ戻り、つぎのように設定しています。

[挿 入テキスト(上部)]:
「わいずふぁくとりいの」  <小さく表示したい部分>
[タイトル]:
「ブログカスタマイズ実験室1」  <普通の大きさで表示したい部分>

posted by わいずふぁくとりい at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
自由形式

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。